可愛い女の子だったのに…わきがだったとは。

わたしの友人は本当にスタイルも良くて、とても可愛い女の子でした。

 

性格も良いので非がない…とはいかず、彼女の唯一の欠点で最大に残念なのは、ワキガであることでした。

 

ワキガは自分では気付かないらしいと言われていますが、まさに気付かないらしく、だからと言ってどれだけ仲が良くても言いづらいことでした。

 

どんなにオシャレをしていても、可愛い髪型にしてきても、ワキガのせいで全てが台無しになってしまうほどで、勿体無いなと思いながら、本人にそのことをなかなか伝えてあげられませんでした。

 

中学の頃はヒソヒソと「あの子ワキガで臭いな」なんて陰口を言われていて、その度に言ってあげなくてはと悩んでいました。

 

影でワッキーなんて可愛い彼女にとても似合わないあだ名を付けられていて、何とかしてあげたいなと思っていました。

 

ですが、高校にあがるとそんなことでヒソヒソすることはなくなります。

 

でもワキガである事実は変わらず…直接ワキガだと伝えることはどうしても出来なかったので、ワキガを隠せるようなアイテムを一緒に使おうと考えました。

 

制汗剤で爽やかな匂いのするスプレーを共有して使ってみたり、シートタイプの制汗剤を体育のあとにクラスの女子で使って彼女にも勧めてみたり、ワキ汗パットを使って「これいいよ」と勧めたりと、いろいろな情報を提供していました。

 

その甲斐があって、ワキガはだいぶ隠せるようになっていたような気がします。

 

ですが、根本的にワキガが治ったわけではないので、彼女自身ずっと付き合っていかなければならないことをどう伝えるか悩んでいました。

 

大学4回生のときに、今は結婚している旦那さんになった当時の彼氏が、わたしに彼女のワキガのことを相談してきました。

 

彼氏自身は気にしないけど、それが原因で嫌われたりしたら可哀想だと思ってくれて、彼女に優しくカミングアウトしてくれたようです。

 

実は彼女自身も少し悩み始めていたようで、伝えてくれて良かったと言っていたようで安心しました。

 

そこからネットで一番人気があるという「クリアネオ」を使用し、今はワキガを治すことができたみたいで良かったです。

 

関連ページ

ワキガと付き合っていく
女性,わきが治す方法,原因,対策,においに関することを調査しているなら、初心者からプロフェショナルな方向けに分かりやすくご紹介している、この専用ページにお越しください。女性,わきが治す方法,原因,対策,においについて、あなたが知りたかった点も確実に解消されることになると思います。